キャッチコピー抄

大量生産大量消費の時代にあって生産コストを度外視しながらも流通パターンを見直すことで優れたコストパフォーマンスを実現したただ流行を追い求めるのではなく古き良き時代の懐古主義に留まらない普遍的なテーマに立ち返り利用者に寄り添いながらひとつひとつ丁寧にこだわってひとりの職人が全工程に携わることで工業製品では味わえないハンドメイドならではのぬくもりが訴える表情は使い込むことでふたつとないエイジングを経る一生モノにふさわしい貫録をポテンシャルとして背景に秘めている次回入荷未定の食べて痩せる自分へのご褒美です。