プチ停電で被災認識が変わる

20年前に阪神淡路大震災が起こり、奈良も揺れた。
余震の度に身が縮み、今でも地震が起きると「もしや」と思う。
東日本大震災ののち防災グッズが売れたように、20年前も備えが散々叫ばれた。
ラジオが要る、水が要る、水を入れる容器が要る、ソーセージ1本5千円……。
見知った土地が罹災した20年前の記憶はいつまでも生々しい。

話の規模は変わり、先日、自宅が局所的に停電した。
就寝中にささやかな爆発音が聞こえ、何事かと照明のスイッチを入れても反応がない。遠赤ヒーターのスイッチを入れてもやはり反応がない。
はじめは単なる停電かと思い、iPhoneのLEDライト(ちゃんとしたライトがあっても、使うのは手元の便利道具なんだと実感)を頼りにブレーカーを確認したが、それこそ何事もなかった。

分からないことはGoogle先生に聞く世代。
“停電 一部 ブレーカー”で検索すると、すぐ同条件の答えが見つかった。

『すぐ電気屋に連絡しろ』

深夜で電気屋は開いていない。
というわけで関西電力へ連絡。
30分もしないうちに2名のスタッフが来てくれた。
どうやら私の部屋のコンセント付近が原因らしく、調べてもらった結果「工事が必要」とのこと。
しかもちょっとした規模の故障らしく、やはり電気屋さんに依頼する必要があるらしい。

さて翌朝、というより数時間後である。
家人が連絡した知り合いの電気屋さんがすわ飛んできれくれた。
知らずに眠っていた私は叩き起こされ、寝間着のまま部屋を追われた。

この、覚醒してから数分の過程を想像してほしい。
寝起きのおふとんは自身の体温で暖められ、暫定世界一の気持ちよさである。
にもかかわらず、おふとんの外は電源の入らない遠赤ヒーターのみ。
……ここから出ろと?(出たけど)

修理が終わるまでの2時間弱、私は別室で震災による被災のことを考えていた。
あれば便利だろう程度に考えていた「手巻き充電式ラジオ」とか「カンパン」とか、そういうのは真っ先に必要なモノではないということだ。

もちろん被災の程度によって優先順位は変わるだろう。
しかし今日のような現実を見れば、何より毛布が必要だ。
水や情報を求める前に、毛布で体を温めなければならぬ。

ここで言いたいのは「毛布の大切さ」ではなく、少なくとも私が考えていた「備え」にはリアリティがなかったということだ。
十徳ナイフがあると便利だろう、記録のためにカメラがあるといいだろう、LEDライトは軍用のものがしっかりしているだろう、MTBが1台あると便利だろう、といった考えはあまりにも浅はかだった。

今の考えは違う。
もし無事に逃げられるなら、私の場合はスマートフォンを忘れないこと。
そのほかのことは、状況に応じて毛布でもカメラでも扇風機でも選べばいい。
自分にとって最優先となるモノ・コトを心に刻んでおくことが、何よりの備えだと思った。